ラスベガスの医療事情

ラスベガスでの健康管理

ラスベガスは乾燥している地域のため水を飲む機会は多いですが、水道水は硬水のためお腹を壊す恐れがあります。ラスベガスではなるべくミネラルウォーターを飲用した方がよいでしょう。また昼夜の気温の寒暖の差が激しいラスベガスでは重ね着などで上手く体温調節を。日中の日差しはかなり強いので日射病に注意が必要です。また日焼け止めはラスベガスでは必需品です。

ラスベガスでの医療機関

ラスベガスで万が一病気やケガをしてしまった場合はストリップ周辺であれば車で約20分圏内にある「A Las Vegas Medical Group」が有名です。もしもの場合はホテルのフロントに連絡するのがいいかもしれません。高額な医療費が心配なところですが海外旅行損害保険に加入済みの場合、保険会社によっては旅行者が立替え払いをしなくてもすむ提携病院を紹介してくれます。

A Las Vegas Medical Group

住所:4043 E. Sunset Road、ヘンダーソンネバダ州89014

営業時間:MF:午前8:00 – 午後6:00 電話:(702)733-0744

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です