ラスベガスの気候と時差

ラスベガスの気候

ラスベガスの気候ですが、ラスベガスは内陸の砂漠気候のため夏は暑く、日中は40度を越える日も。でも湿度は10%以下で非常に乾燥しているため、日本の夏のような不快感はあまり感じません。

その一方で、ラスベガスでの冬は冷え込みが極端に強く、氷点下になる日も多いです。 ラスベガス旅行のベストシーズンは年間を通してOKともいえますが、7~8月の猛暑は相応の覚悟が必要かと思います。

また服装においては下記の表でも分かるように4月~10月頃までは気温も高いため夏服で大丈夫ですが、ラスベガスは昼夜の寒暖の差が激しいため、羽織るものは必携です。

 

 ラスベガスの気温

ラスベガスは昼間でも10℃前後の気温になる時期も多いのでコートや上着などの冬支度が必要です。昼間であれば薄手のジャンパーやジャケットがあればOKです。4月ともなれば日中真夏のような日もあるため薄着になりがちであるが夜間の冷え込みには注意が必要です。ラスベガスは6月になるとすっかり夏という感じで、昼間はかなり暑いが同様、昼夜の寒暖差は激しいので、羽織るもので調節を。

 

日本との時差

ラスベガスと日本の時差は日付変更線を跨ぐため日本が17時間先行しています。感覚的には日本の時刻から5時間マイナスして、昼夜を逆にしたのがラスベガスの時刻となります。しかし、アメリカではサマータイムの採用しているため4月~10月の間は16時間の時差となります。

ラスベガスの月別気温 単位:(℃)
気温 最高気温 最低気温
1月 14 1
17 4
3月 20 7
4月 25 10
5月 31 16
6月 38 21
7月 41 25
8月 40 23
9月 35 19
10月 28 12
11月 20 5
12月 14 1

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です