アルカトラズ島

サンフランシスコ湾内に浮かぶアルカトラズ島

1963年まで連邦刑務所として使用され、ギャングのアル・カポネも収監されていたということで、現在はサンフランシスコの観光名所になっています。

この刑務所は「絶対に脱獄ができない刑務所」と言われたそうですが1962年、自作のいかだを使って脱獄を試みた受刑者が過去3人いたそうです。未だ生存も死亡も確認されておらず、消息は不明。

サンフランシスコは、一見とても温暖という印象ですが、この湾内にはカリフォルニア海流という寒流が流れ込み、水温が低く、潮流がとても早いため、落ちたらひとたまりもなく、絶対に脱獄ができないのだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です