ラスベガスは眠らない街

ラスベガスはアメリカ合衆国西部のネバダ州南部にある同州最大の都市。気候は砂漠気候で 東海岸ニュージャージー州のアトランティックシティと並んで、カジノなどのギャンブルで知られています。

ラスベガスの位置するネバダ州は法人税個人所得税等がなく、他の税金の税率が非常に低い為、大企業等もこの地に進出を果たしています。

ラスベガスの人口増加は著しい発展を遂げ、2009年の推計人口で567,641人、全米で30番目に大きな都市圏にまで発展を遂げています。

そしてラスベガスといえば、誰もが真っ先に連想するのがカジノ。大規模なラスベガスのホテルのほとんどに、このカジノが併設されており、24時間営業を行っています。

それにより24時間営業のレストラン等も、ほぼ全てのホテルに存在するため、ラスベガスが「眠らない街」と呼ばれるゆえんであるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です