グランドキャニオン

ラスベガスを起点として行くことのできる主な大自然スポットは、西は約225キロ離れたデス・バレーから東は約700キロ離れたモニュメント・バレーまでが一般的ですが、その東西のほぼ中心に位置するのがこのグランドキャニオン国立公園です。

グランドキャニオンはコロラド川の水の流れが17億年もの歳月をかけアリゾナの地層を削って造り上げた大渓谷です。この渓谷はコロラド川を挟んでサウスリム(南壁)、ノースリム(北壁)の2エリアに分かれます。

 

サウスリム

サウスリムの中でも最も迫力のある展望ポイントは、「ホピ・ポイント」といって、東の地平線に見えるパリサデ砂漠と、クフ王のピラミッドとよばれる岩山が望めます。

 

ノースリム

有名なポイントは「ブライト・エンジェル・ポイント」といって、ゾロアスターとよばれる巨大な岩山やグランドキャニオン・ビレッジなどが一望できます。

・・・やはりアメリカは「広い」の一言です。

グランドキャニオンはラスベガスを起点としたオプショナルツアーとしても、とても人気の高い場所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です