ラスベガスでカジノがないホテル

ラスベガスのストリップには巨大なテーマホテルが数多く点在しています。

ラスベガスのホテルの多くがカジノを併設しているのですが、ラスベガスでもカジノを併設しないホテルが実はあります。それらのホテルは“ノンゲーミングホテル”と呼ばれています。

ラスベガス本来の“エンタメ性”よりもリラクセーションを優先し、静かに過ごしたい人の場合、ノンゲーミングホテルがオススメです。

 

カジノを併設しないノンゲーミングホテルにはどんなホテルがある?

マンダリン・オリエンタル

 

 

ラスベガス、ストリップのフォーコーナーのやや南に位置する名門ホテル。

宿泊客の受付を行う23階にあるレセプションからの眺めは正に圧巻の一言。

料金:スタンダード$279~ スイート$459~

総客室数:392室

トランプ・インターナショナル・ホテル&タワー

 

アメリカ合衆国第45代大統領であり、また不動産王としても知られるドナルド・トランプがオーナーのコンドミニアム型ホテル。

ストリップの「サーカスサーカス」と「トレージャーアイランド」の間に位置しているがラスベガスの主要ホテルとしては若干通りからは西側に奥まっている。外観はゴールド色のド派手な佇まいではあるが内装は至ってシンプルな設計。ベージュを基調としたシックな部屋には全室リビングとキッチンが完備されている。

料金:スペーリア・ルーム$129~ 1ベットルーム・スイート$219~

総客室数:1282室

 

フォーシーズンズ

 

ストリップ内のホテルの中ではラスベガスでも最南端に位置し、マンダレイ・ベイと建物を共有していて、その35~39階がフォーシーズンズとなっている。エントランスやプールは専用に設けられている。

ラスベガスのホテルの多くは、チェクインカウンターが非常に混雑するが、フォーシーズンズの場合その心配はない。キメ細やかな清掃が行き届いている客室からはネバダの砂漠やラスベガスの南北を結ぶストリップの眩い景色が一望できる。

なお、客室には大理石のバスルームが装備され、ラグジュアリーブランド「エトロ」のアメニティが用意されている。

料金:スタンダード$249~ スイート$429~

総客室数:424室

 

ヴィダラ・ホテル&スパ

 

ラスベガス中心地、ストリップからやや西へ奥まった場所に高々と建つ57階建ての高層ホテル。このヴィダラ・ホテル&スパは全客室がオールスイートになっていて一番狭いタイプの客室でも54平米(畳で約110畳程)の広さを誇る。

当然ながらそこには標準装備でキッチンとリビングが完備されており、他の多くのホテルの客室にはテレビは1台が相場だが、ヴィダラ・ホテル&スパにはベットルームとリビングの双方にテレビが備わっている。

料金:スイート$224~

総客室数:1495室

 

まとめ

ラスベガスといえばやはりカジノのイメージ。しかし旅の目的や心情に合わせ居住性や静寂性に特化したノーゲーミングホテルで静かに過ごすのも、ラスベガスの旅を満喫する新たな選択かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です