狂犬病のリスにご注意!

ラスベガスからは周辺の大自然を満喫できる様々なオプショナルツアーが用意されていますが、中でも特に人気があるのがグランドキャニオン。

これはグランドキャニオンに限った事ではありませんが、大自然の中では可愛い小動物が突如顔をだし、愛くるしい顔でツアー客を楽しませてくれる事もあります。その代表例がリス。正式にはマルオジリスといってカリフォルニア州やネバダ州の南部、またアリゾナ州の西部などに分布されています。

 

私も過去、グランドキャニオンに行った際(4月)公園内を歩いていると可愛いリス(マルオジリス)が突然姿を現し、こちらの方にチョロチョロと付いてきました。私が思わず「可愛い!」とリスに近づこうとすると途端にツアコンの人に止められました。話を聞けばこの可愛いリスは概ね何らかの病原菌をもっている事が多く、稀に狂犬病にかかっているものもいるらしく、噛まれれば血清騒ぎの大変な事態になると言ってました。

現在では公園内で小動物に触れる事は法律で禁じられているようですし、餌付けもされていないので何もしなければ襲われることはないそうですが、アリゾナ近辺の大自然ツアーに行く際にはくれぐれもご注意を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です