狂犬病のリスにご注意!

ラスベガスからは周辺の大自然を満喫できる様々なオプショナルツアーが用意されていますが、中でも特に人気があるのがグランドキャニオン。

これはグランドキャニオンに限った事ではありませんが、大自然の中では可愛い小動物が突如顔をだし、愛くるしい顔でツアー客を楽しませてくれる事もあります。その代表例がリス。正式にはマルオジリスといってカリフォルニア州やネバダ州の南部、またアリゾナ州の西部などに分布されています。

 

私も過去、グランドキャニオンに行った際(4月)公園内を歩いていると可愛いリス(マルオジリス)が突然姿を現し、こちらの方にチョロチョロと付いてきました。私が思わず「可愛い!」とリスに近づこうとすると途端にツアコンの人に止められました。話を聞けばこの可愛いリスは概ね何らかの病原菌をもっている事が多く、稀に狂犬病にかかっているものもいるらしく、噛まれれば血清騒ぎの大変な事態になると言ってました。

現在では公園内で小動物に触れる事は法律で禁じられているようですし、餌付けもされていないので何もしなければ襲われることはないそうですが、アリゾナ近辺の大自然ツアーに行く際にはくれぐれもご注意を!

グランドキャニオン

ラスベガスを起点として行くことのできる主な大自然スポットは、西は約225キロ離れたデス・バレーから東は約700キロ離れたモニュメント・バレーまでが一般的ですが、その東西のほぼ中心に位置するのがこのグランドキャニオン国立公園です。

グランドキャニオンはコロラド川の水の流れが17億年もの歳月をかけアリゾナの地層を削って造り上げた大渓谷です。この渓谷はコロラド川を挟んでサウスリム(南壁)、ノースリム(北壁)の2エリアに分かれます。

 

サウスリム

サウスリムの中でも最も迫力のある展望ポイントは、「ホピ・ポイント」といって、東の地平線に見えるパリサデ砂漠と、クフ王のピラミッドとよばれる岩山が望めます。

 

ノースリム

有名なポイントは「ブライト・エンジェル・ポイント」といって、ゾロアスターとよばれる巨大な岩山やグランドキャニオン・ビレッジなどが一望できます。

・・・やはりアメリカは「広い」の一言です。

グランドキャニオンはラスベガスを起点としたオプショナルツアーとしても、とても人気の高い場所です。

グランドサークル

 

グランドサークルって知ってます?

グランドサークルはラスベガス旅行のオプショナルとしてよく耳にする言葉なんです。

 

グランドサークル(The Grand Circle)は、アメリカのユタ州とアリゾナ州の州境にあるレイクパウエルという巨大な人造湖を中心に、半径230km の円(サークル)を描いた際に、含まれるエリアの呼称なのです。

あらゆる大自然が展開するこのエリアはラスベガス旅行のオプショナルツアーとしての誘致も多く、そのエリアを周遊するコースを「グランド・サークル・ドライブコース」 と呼ぶ事が多いのです。

グランドサークルの中には10の国立公園、そして16の国定公園、更に19の国立モニュメントや州立公園が含まれます。