ラスベガスへの格安航空券

ラスベガスへ行くのに気になる事のひとつが航空券です。航空券にはいくつかの種類があり、利用条件や価格もかなり異なりますので色々と比較検討して購入するようにしたいものです。

航空券の種類

航空券は大きく分けると下表のように分類されます。

普通航空券(ノーマルチケット)

国際航空運送協会(IATA)で規格された航空券で年間を通し一定価格。 若干割高ですがIATA加盟のいかなる航空会社もOKで、出発前で購入後1 年以内ならばキャンセル料をとられず払い戻しが可能。また、他社便への乗り 換えや途中降機が可能。購入先は航空会社、旅行会社共に購入可能。

割引航空券

IATAの認可を得る割引航空券で、全ての航空会社で均一価格のペックス・チケットと航空会社が自由に価格設定できるゾーン・ペックス・チケットの2種類があります。ゾーン・ペックス・チケットは運賃値引きがシーズンに関係なく最大70%まで割引が可能なため格安航空券との価格差がないものも多いのです。キャンセル料は航空会社と渡航先によって異なります。

格安航空券

団体ツアー用の割引航空券やIATAのバラ売り航空券等を旅行会社が安価で販売しているチケット。 往復の利用便を予約してから購入しなければならないほか、予約の変更やストップオーバーといわれる途中降機などに関して値段が安い代わりにさまざまな制限が伴います。

事前の 座席指定 航空会社への 乗り換え シーズン 変動 途中 降機 ※オープン/ フィックス 有効 期間 マイ レージ
普通航空券 無料で○ オープン 復路は 出発日から1年間
ペックス/ ゾーン・ペックス ペックスは○ ゾーン・ペックスは× 追加料金 90日オープン もあるが殆んどがフィックス 渡航先により期限 が異なる。北米 ・欧州へは出発日から3ヶ月前後が有効 航空会社による
格安航空券 × × 追加料金 フィックス 旅行会社や渡航先により異なる。 北米の場合、出発日から60日以内 航空会社による

※オープン/フィックスとは

■オープン:    現地で帰国便が予約できるチケット
■フィックス:  予め日本で帰国便を予約しないと発券されないチケット